生前整理の目的と方法・手順

生前整理の目的と方法・手順

自分の死後、遺品整理を家族に任せるのは家族が大変苦労します。
自分にとっても、思わぬ掘り出しモノが見つかるかも?
生前整理の目的・必要性や方法・手順についてまとめました。 

1 生前整理の目的

(1)昔を回顧

一人でやると大変ですが、家族や仲のいいお友だちとやると昔話に花が咲きます。
亡くなったパートナーとの思い出話や、父母の思い出など。
昔のことを思い出すのは認知症予防にも、とっても効果的です。
昔のことを思い出すと自然と「生きる力」みたいなものが、湧いてくるように感じますよ。

(2)残された家族が遺品整理をするのは大変

自分にとって思い入れのあるものばかりのことと思います。
しかし既に動かなくなったモノやまったく使用しないモノは、家族にとっては単なる「ガラクタ」に過ぎません。
年々不用品やゴミの廃棄料は上がっているようで、少しでも早く処分することが家族の負担軽減にもつながります。
できれば家族には、自分の死後も良いことを言われていたいですよね。
小言を言われないように、できることは今のうちにやっておきましょう。

(3)ついでに自宅の整理や掃除も

なかなか重い腰をあげないと家中の整理や、普段入らない部屋の掃除なんてできません。
「そういえば、最近アレってどこにあるんだっけ?」
「アレを使いたいけど、どこかにいってしまったワ」
なんてことは高齢になれば、しょっちゅうです。
生前整理で自宅の中を整理すると、これまで探していたアレやコレが見つかるかもしれません。
不用品を処分したりすると今までよりも家の中が広く、快適に過ごせるようになるでしょう。

2 生前整理の方法・手順

(1)決して一人でやらない

1人でやると、どうしても「もったいない」と思ってほとんど捨てられなくなってしまいます。
それに、あまり楽しくありません。
どうせなら楽しく皆でワイワイやりながら整理したほうがはかどりますよ。
自分の子どもや家族とやれば、少しは自分の気持ちを分かってもらえます。
ときには相談したり、ときには昔のことを話したり・・・。

(2)捨てるか捨てないかは自分判断で

最近は「断捨離」「ミニマリスト」など極力モノを持たないようにすることが流行っていますが、気にすることはありません。
高齢者の思い入れのモノは、そんなキーワードでは測れないのです。
自分が捨てようと思ったモノだけを処分すればOK。
なお服の流行には周期がありますので、最近着なくなった服でもまた流行るかもしれません。
サイズが合わなかったり修復不可能な服だけは処分しましょう。
古い扇風機などの家電は、漏電の可能性もあり危険です。
古い家電は処分し買い替えましょう。
不用品は、捨てる前に「メルカリ」「ヤフオク」などのアプリで売れないか検討しましょう。
昔の玩具やポスターが思わぬ高額になることは「なんでも鑑定団」などでもお馴染みです。
アプリやネットに不得手な方は、お孫さんに頼むのが一番。
少しのお小遣いで楽しんでやってくれますよ。
生前整理をすることで、誰にどの資産を分け与えようかというのも明確になってきます。

<参照>

誰にどの資産を分け当てるか自筆証書遺言の書き方レシピ「自分でやる法律手続き」

確実に資産を与えるための公正証書遺言書の書き方レシピ「自分でやる法律手続き」

素人でもできる相続登記の方法「自分で相続登記する方法」

(3)いつやるかも自分のタイミングで

生前整理をいつやればいいかは、人によって違います。
1回で済まそうとせず順次自分のできる範囲で整理していくことが、生前整理のコツです。
ただ身体が衰えてきたあとや認知症になってからでは、遅すぎます。
老人ホームなどに入居する前に、生前整理しておくと良いでしょう。

<参照>

いざというときのための生前契約書の書き方レシピ「自分でやる法律手続き」

(4)注意すべきこと

家族以外で、手伝ってくれる人がいない場合、業者に依頼すると早いです。
ただ捨てる捨てないの判断はあくまでも本人の選択になります。
こうした業者も最近出てきたものなので、整理中に貴重品や金品がなくなったり法外な値段を請求されたりする場合があるようです。
なお「イオンのお葬式」でも生前整理を請け負っているようです。
業者に心当たりがない人は、民生委員や福祉委員に相談してみると良いでしょう。
家族や親しい友人でも、貴重品や金品の管理には注意しましょう。
なお最近の若者は、老人をいたわったりする心に欠けています。
ですので、高価な宝石や金品を分け与えても、その場限りのことがよくあります。
もし金目のモノがあっても、なるべく遅く分け与えたほうが後悔しないですむ方法の一つですよ。

 

 

ending.hatenablog.com

ending.hatenablog.com

 

 

ending.hatenablog.com