散骨のルール(許可の要否・手続き・費用)

散骨のルール(許可の要否・手続き・費用)

「私が死んだら、私の好きだった◯◯の海(山)に散骨してね。」と言われたら、どーしましょう?「散骨のルールってあるんでしょうか?」
そんな方へ向けて記事を書いています。
散骨の許可の要否、散骨の手続き、散骨の費用などをまとめました。

1 散骨

「散骨」とは、一般的には、故人の遺体を火葬し焼骨を粉末状にした後、海・山等でそのまま撒く葬送方法をいいます。
最近は、お墓や慣習に縛られず、散骨をする人も増加しているようです。
お墓を守する人がいなかったり、お墓の管理が大変なことも影響しているかもしれません。

2 散骨の許可の要否

現在、散骨を禁止する法律はありません。
「墓地・埋葬等に関する法律」にも「散骨」については規定がありません。
しかし、節度をもったモラルある対応をしなければいけません。
この場合には、上記法律で「焼骨の埋蔵は、墓地以外区域にしてはならない」と規定していますので、散骨が「遺骨」「焼骨」と分からないような粉末状(パウダー状)にする必要があります。
*なお、遺骨をそのままの状態で散骨すれば、死体遺棄罪にあたる可能性もあります。くれぐれもご注意ください。

山などの陸地の場合には、地域によって散骨等を禁止しているところでは散骨できません。
また他人の土地に散骨すれば、他人の所有権を毀損する恐れ(土地の価値を毀損する恐れが生じますので、所有者の許可が必要です。
海でも、海苔や牡蠣などの養殖場や漁業者が仕事をされているところでは、漁業権を侵害することになります。
その点、沖合なら、心配いりません。

3 散骨の手続き

①遺骨を粉末状に砕く
②散骨場所まで、車・船などで移動
③散骨します
④花束(供花)、お線香、献杯など

4 散骨の費用

遺骨を粉末状にする費用ぐらいです。
目安としては、だいたい3万円程度。

あとは、散骨地までの交通費やお花や線香などの費用など。
ご家族とご旅行のついでに行うというのが一般的だと思います。
業者さんに依頼すれば、5万円から50万円(海で散骨する場合には船のチャーター費用がかさみます。「宇宙葬」の場合はもっとかかりますよ。)ほどかかってしまいますよ。
散骨は、気軽にできるものだと思いますので、業者さんに依頼せずに、ご自身でなさったほうが良ろしいかと思います。

5 その他の注意点

(1)散骨の量

散骨の量にも決まりはありません。
しかし、ご親戚の中には、散骨を快く思わない方や納骨すべきと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ですので、散骨は遺骨の一部を行うのが無難です。
散骨を行う際も、家族や親戚の理解を得ることに、十二分に務めましょう。

(2)散骨に際しての供花やお線香など

特に海で散骨をする場合には、漁業などを侵害しないように、フィルムやリボンなど海洋ごみとなるような加工物は投棄しないようご注意ください。
山などの陸地でも、土に還らないような加工物は置かない方が良いでしょう。
特に山などの陸地では、延焼など火の元には十分ご注意ください。

<参照サイト>

尊厳死宣言書や貢献契約書などの生前契約書(終活)「自分でやる法律手続き」

初めてでも簡単30分で出来る遺言書の正しい書き方「自分でやる法律手続き」

遺言で確実に遺言書の意思を伝える方法(公正証書遺言の書き方)「自分でやる法律手続き」

<葬儀後の相続>

素人でもできる相続登記の手順「自分で相続登記する方法」

 

 

ending.hatenablog.com

 

 

ending.hatenablog.com

 

 

ending.hatenablog.com