愛するペットを誰が世話するか?

愛するペットを誰が世話するか?

もし、あなたが一人暮らしや家族にペットの世話をお願いできない場合、愛するペットはあなたの死後どうしたらいいでしょうか?
そんな方へ向けて記事を書いています。
今やペットは家族ともいえる存在。ペットの行方について老犬ホームや遺言書など、その方法をまとめました。

1 遺言書で「負担付遺贈」

見ず知らずの人よりも、気心の知れた家族ならワガママも言えるはずです。
ワンちゃんやネコちゃんにとっても、知っている家族なら新たに飼い主になってもらうストレスも少ないと思います。
ただ、ペットを買うとマンションには住めなかったり、ペットフードや予防接種などいくらか費用がかかります。
今後世話をしてくれる家族の負担を少しでも減らしてあげることは、ペットが家族とずっと暮らしていくのには重要なこと。
負担がイヤで途中で保健所などに連れられてしまうことも、少なくないからです。


ペット自体に人格はないですから、ペット自身に資産をあげることはできません。
そこで、ペットの世話をしてくれる人に対し、ペットの世話をすることを条件に遺産を贈与することを遺言書にとどめておきます。
ペットによっては嫌いな人もいますし、愛するペットとの相性もあります。
家族でなくても事前にペットと触れ合っていて、心からかわいがってもらえる人が良いですね。

2 遺言執行者を明確に

負担付遺贈をしたとしても、安心はできません。
お金などの資産だけもらって、ペットの世話という負担をしっかり果たさないこともありえるからです。
かといって、自分の死後に頼んだ人がしっかりやってくれてるかチェックする訳にもいきません。
そこで、遺言書に「遺言執行者」を明記し、死後、遺言執行者にチェックしてもらい、負担が履行していない場合は、資産をあげるのを止めるなどの措置を講じてもらいます。
なお、遺言では不安な方は、「信託」という方法もあります。

<遺言書の書き方>

素人でもできる自筆証書遺言の書き方レシピ「自分でやる法律手続き」

公証役場でつくる公正証書の書き方レシピ「自分でやる法律手続き」

3 もし世話してくれる人が見つからない場合

世話してくれる人が見つからないと、不安だと思います。
そんなときは、一度かかりつけの獣医さんに相談することをオススメします。
獣医さんに行くと、よく「迷い犬」や「里親」の募集チラシなどを目にします。
動物がホントに大好きで職業にした人が多いですから、きっと味方になってくれるはずです。
それでも見つからないときは、民生委員や福祉委員の人に相談してみるといいかもしれません。

4 老犬(猫)ホーム

以前に志村けんサンの番組で、年老いて役目を終えた盲導犬がひっそりと老犬ホームで暮らしているのを観たことがあります。
そこでは、老犬が犬らしく暮らしていて、スタッフの人が足の悪いワンちゃんをさすったりする様子が放映されてました。
もし年老いた犬猫であった場合、老犬(猫)ホームという選択肢があってもいいかなと思います。
人が1人では生きづらいように、犬猫もやっぱり犬猫たちと一緒に過ごしたほうが楽しいように思えるからです。
ただ、まだまだ施設もそう多くなく、基準もないようですから、施設によってサービスや料金が大きく違ってくるようです。
老犬(猫)ホームを選ぶ際には、十分慎重に判断してくださいね。

<参照サイト>

尊厳死宣言書や貢献契約書などの生前契約書(終活)「自分でやる法律手続き」

初めてでも簡単30分で出来る遺言書の正しい書き方「自分でやる法律手続き」

遺言で確実に遺言書の意思を伝える方法(公正証書遺言の書き方)「自分でやる法律手続き」

<葬儀後の相続>

素人でもできる相続登記の手順「自分で相続登記する方法」