読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分たちだけでやるお葬式という形(DIY葬またはセルフ葬)

自分たちだけでやるお葬式という形(DIY葬またはセルフ葬)

「葬儀会社に頼んで、お葬式をするのは何処か形式的過ぎて、何かいいやり方がないだろうか?」
「家族や友人だけで、思いやりのこもったお葬式をあげる方法が知りたいです。」
そんな方へ向けて記事を書いています。
自分たちだけでやるお葬式という形(DIY葬またはセルフ葬)の手続きの流れや費用などをまとめました。 

結婚式でもお葬式でも今は業者さんが入って本当に楽になりました。
でも何か画一的で当人と面識のない人ばかりで淡々と式が行われている感があります。
昔だと誰かがお亡くなりになると、近所や町内の人が集まってご飯を作ったり香典返しを何にしたら良いか悩んだり、いろいろな手配でホントにバタバタしたりと周りの人も大変でしたが、故人へ思い入れのあった方ばかりで心のこもったお葬式がされていたように思います。

もし家族や自分が亡くなった場合に、自分たちだけでお葬式をやることは出来ないものかな、と調べてみました。
(あくまで想定のお話です。御気分を害された方がおられましたら、ごめんなさい。)

1.自分たちだけでお葬式をすることは可能

決められているのは、
火葬は火葬場でのみすることと、
決められた墓地で埋葬すること、
火葬場へはご遺体を棺桶に入れて搬入しなければならない、の3点だけ。

ただ、お坊さんにお経をあげてもらうとなると、檀家になっている寺院でも断られるところがあるかも知れません。
お坊さんのご理解をいただくことは重要だと思います。
また棺桶や祭壇の準備や火葬許可をとること、火葬場の予約などすることはいっぱいあります。

2.注意点

 ①周囲へこうしたお葬式をあげることを理解していただく

最近では、お葬式の費用がやたらと高額になったため質素に行おうと「家族葬」などの形が流行っています。
ですが、あくまで業者さんが行う形でのものです。
自分たちだけでお葬式をするというのは一般的でなく、理解していただけない方も存在すると思われます。
特に会社勤めのサラリーマンで上司等が参列する予定の場合はなおさらです。
お葬式にお金をただ単にケチったとは思われたくないですよね。
心のこもったお葬式を自分たちで作り上げたいんだ、など目的をハッキリさせ、理解していただくよう、努めましょう。
自宅でお葬式を行うとなれば、葬祭場と勝手は異なります。
駐車場を確保しなければなりません。
ご近所さんへもその旨ご理解していただくことが必要になってくるでしょう。

 ②レンタカー等でご遺体を搬送する場合の注意点

レンタカー会社によっては、ご遺体を搬送する目的での使用が禁止されている場合があります。

 ③棺桶の到着に時間がかかる

amazonさんで棺桶を購入した場合、到着に3-4日かかるようです。
とすると業者さんから購入するか、もしくは危篤状態で発注しておくなど事前に準備が必要かも知れません。

 ④エンゼルケアの大変さ

亡くなられた後にご遺体に対する死後処置のことを「エンゼルケア」といいます。
体の洗浄や腐敗処理の「エンバーミング」をも含めた処理のようです。
お口の中へ詰め物をしたり、汚物処理をしないといけません。
看護士の方ならご経験があるかもです。
遺族が悲嘆に暮れる中、晴れやかな顔を施し送ってあげるのは大変だなぁと思います。 

3.お葬式の手続きの流れ

 ①死亡診断書を病院で受け取ります

 ②退院 ご遺体を搬送
     棺桶・骨壷など準備

 ③安置 法律上、死亡から24時間以内は火葬ができません。
 防腐処置のためドライアイス 頭部・腹部を冷却します。
 場合によっては防水シーツも。

 ④死亡届の提出 市町村役場に死亡届を提出し「火葬(埋葬)許可証」を受けます。
 火葬場の予約を行います

 ⑤お花や葬儀当日のお膳などの手配
 列席者への訃報の通知、連絡

 ⑥出棺 火葬場への出棺を行います。

4.お葬式にかかる費用

お葬式費用を安くあげることが目的ではありませんでしたので、簡潔に。
上記以外に、直葬6点セットなどもあるみたいです。
セットでも3万円くらいです。
祭壇は市町村によってはレンタル出来るところもあります。
火葬に3万円、レンタカーが1万円としても、不明確なのはお坊さん代です。
いわゆる「お坊さん便」は、お葬式には使えません。
仮に3万円とすると合計で10万円となりました。 

5.心のこもったお葬式にするために

せっかく自分たちだけでやると決めたのなら、故人らしいお葬式をあげたいですよね。例えば、お花屋やお供えは業者さんだと提携先のものに限られ2-3パターンからしか選べないことが多いです。
私なら祭壇まわりをもっと花でいっぱいにしたいです。
自分だったら・・・と考えるとエンディングノートに付け加えても良さそうです。
送られる人が家族でもあとで、「あのお葬式は良かったわね。」なんてすぐ思い出されるような心のこもったお葬式で送ってあげたい、と私は思います。

<参照サイト>

尊厳死宣言書や貢献契約書などの生前契約書(終活)「自分でやる法律手続き」

初めてでも簡単30分で出来る遺言書の正しい書き方「自分でやる法律手続き」

遺言で確実に遺言書の意思を伝える方法(公正証書遺言の書き方)「自分でやる法律手続き」

<葬儀後の相続>

素人でもできる相続登記の手順「自分で相続登記する方法」

 ご参考まで。

 

 

ending.hatenablog.com

 

 

ending.hatenablog.com

ending.hatenablog.com