相次ぐ墓トラブル死の準備の落とし穴「クローズアップ現代」2017年5月10日

相次ぐ墓トラブル死の準備の落とし穴「クローズアップ現代」2017年5月10日

みなさんは終活していますか?
死後の準備「終活」の背景には一人暮らしの高齢者の増加があります。
今や4割の人がやっているといわれる終活。
1兆円規模のビジネスに拡大しています。

 

自分が死んだ後のために、生前に墓や葬儀を準備しておく”終活”がブームになる中、「墓をあらかじめ用意しても、入れない」という“墓トラブル”が相次いでいる。墓を販売する会社が倒産し、金を支払ったのに墓が建たないケース。生前に墓を準備しておいても、孤立した高齢者が多く、墓の存在を本人以外が知らないため、結局は無縁墓地に葬られてしまうケースも。こうしたなか、自治体自ら終活サービスに乗り出し、市民が生前に希望していた墓に入れるまで見届けるところも出てきている。どうすれば“墓トラブル”から身を守れるのか、考えていく。
2017年5月10日(水)「クローズアップ現代」より

近年、生前に用意していた墓に入れないトラブルが急増しています。
その理由は本人が認知症でお墓のことを家族に伝えきれていなかったなど。
そうした場合は無縁墓地へ埋葬されます。

多くの人は共同墓や永代供養の納骨堂を希望しています。

神奈川県横須賀市の市役所の倉庫には、遺骨がたくさん預けれられています。
名前や住所は分かってもお墓の場所が分からず病院などから転送されるそうです。
Aさんもその1人。
奥さんは既に亡くなっており、妹さんが2人存命で両親のお墓はありましたが、墓守がいないということで結局両親のお墓にも入れませんでした。
墓守がいなければ、いずれ墓じまいをしないといけないことになってきます。
そうして預けられた遺骨は市の納骨堂にいったん預けられますが、ここも既に満杯状態でした。
納骨堂から最終的には、無縁墓地へ。
こうした現状に市の担当者も涙を浮かべ悔しそうでした。

無縁墓地に埋葬されるのはこうしたケースだけではありません。
過当競争で業者が契約後に破綻してしまうケースも。
愛知県のとある業者は負債7億円で倒産しました。
被害者は200名。
跡継ぎ不要と謳った共同墓ですが、「メモリアルパーク」という名の霊園は今では雑草が生い茂るばかりです。
元業者のスタッフは「完成前に全額前払いさせろ」と指示していたことを後悔していると話していました。

なかには悪質な業者もいます。
とあるNPOでは預かっていた1千万円あまりのお金を遊興費として使い込んでしまう事件がありました。

対策① 周りの人に知らせておく

例えば「献体」する場合も、亡くなる本人とご遺族(家族)を同席させないと受け付けないなど厳格になってきているケースもあります。

対策② あせる必要はない

多くの人は元気なうちに、とかなり早くにお墓を準備してしまいます。
しかし死ぬまでには周りの価値観も変わっていきます。
選択肢も色々と増えてきていますので、あせらず検討しましょう。

NHKで事前アンケートをとったところ、

納骨してくれる人がない場合どんなサービスを受けたいですか?の問には
永代供養を希望する回答が多く寄せられていました。
またサービスの主体には?の問には
国や自治体など公的機関がやってほしいという回答が寄せられました。

横須賀市では先進的な取り組みが行われています。
それは「終活サービス」です。
生前にどんなお墓を希望するかの聞き取りが行われ、市が利用者と業者の仲介をし、納骨されるまでを市が見届けてくれます。

「みんなが安心して死んでいける社会へ」となっていくことを願うばかりです。

<参照サイト>

尊厳死宣言書や貢献契約書などの生前契約書(終活)「自分でやる法律手続き」

初めてでも簡単30分で出来る遺言書の正しい書き方「自分でやる法律手続き」

遺言で確実に遺言書の意思を伝える方法(公正証書遺言の書き方)「自分でやる法律手続き」

<葬儀後の相続>

素人でもできる相続登記の手順「自分で相続登記する方法」

 

 

ending.hatenablog.com

 

 

ending.hatenablog.com

 

 

ending.hatenablog.com