墓じまい(お墓のたたみ方)

墓じまい(お墓のたたみ方)

「実家のお墓が遠くて、お墓参りだけでも大変です。」
「近くの墓地や合葬墓地に移す方法が分かりません。」
そんな方へ向けて記事を書いています。
いわゆる「墓じまい」の手続きや、費用などについてまとめました。

1 「墓じまい」とは  

「墓じまい」とは、近所にお墓を引っ越したり(お墓の引っ越し)、合同墓や散骨しお墓をたたむことなどをいいます。 

この墓じまいは、その後の遺骨の「引越し先」によって、2つのパターンに大別できる。実家の墓を閉めた後、(1)自分が住む近くに改めて「きちんとした墓」を用意して移す、(2)合同供養墓や共同納骨堂などの永代供養墓に移す。あるいは散骨などで極力、管理負担を簡素化する方法に変更する、というものだ。 
「墓じまい」は意外に大変!トラブルなく済ませるには ダイヤモンド・オンラインより

 

2 墓じまいの手続き

墓じまいをするには、「墓地埋葬法」という法律で定められた手続きが必要になります。

それでは、実際に墓じまいを行うには、どうしたらいいのだろう。基本的な流れは、下記の通り(散骨ではなく、遺骨の「引っ越し先」があることを前提)。

(1)新しい遺骨の受け入れ先(墓地)を確保。その管理者等から「受け入れ証明書」を受領する
(2)現在の墓地管理者(寺など)に改装を伝え、「埋葬(埋蔵)証明書」を受け取る
(3)現在の墓地のある市区町村に改葬許可を申請して「改葬許可証」を取得する
(4)現在の寺などの墓地管理者に改葬許可証を提示して、閉眼法要を実施。遺骨の取り出しを行う
(5)現在の墓地の墓石などを処分して墓地をさら地に戻し、お寺などの墓地管理者に返還する
(6)新しい墓地管理者に改葬許可証明証を提出。開眼供養後に納骨

まず、役所への書類の受け取りや提出といった行政的な手続きが面倒だ。市区町村ごとに窓口や書式も異なる。なかでも心理的にハードルが高いのが、お寺との関係だ。
寺院の墓を改葬する場合、上記の(2)の通り、お寺から遺骨の存在を証明する「埋葬証明書」を発行してもらう必要がある。それがないと市区町村から(3)の段階で必要な「改葬許可証」が発行できない。お墓を閉じる「閉眼法要」や檀家を離れる「離檀」もできない。
寺の住職に「墓じまい」を伝える作業は、かなりの勇気を必要とする。特に、先祖代々ずっと世話になってきたお寺の住職に伝える場合はなおさらだろう。
「墓じまい」は意外に大変!トラブルなく済ませるには ダイヤモンド・オンラインより

*なお、墓じまいで移転先が未定の場合でも「移転先未定」や「移転先なし」と書くことで「改葬許可証」が認められる場合もあるようですよ。
また移転先の「受入証明書」が必要となるところも。
詳しくは、管轄する市区町村役場でご確認ください。

<参照>

尊厳死宣言書や貢献契約書などの生前契約書(終活)「自分でやる法律手続き」

3 墓じまいの費用

(1)「離檀料」について

「離檀料」として、お寺から800万円、1200万円など法外な請求をされたケースもあります。
しかし、檀家を離れる際の「離檀料」「お布施」には、法的根拠は一切ありません。

もし納得がいなかなかったり、お寺との仲がこじれてしまった場合には、弁護士などの第三者に相談した方が良いでしょう。

(2)お墓の撤去費用と代行業者について

本来、お墓の撤去をしてくれるのは、石材屋さんです。
お墓の撤去費用の目安は、1平米あたり5~10万円ぐらい。

近年は、墓じまいの代行業者も多数あります。
代行業者の中にも悪質な業者もいます。
法外な請求をされたり、お墓を不法投棄するような業者もいるようです。
代行業者に依頼するときは、事前に相見積もりや評判を調べるなどして慎重に決めてください。
なお、大手スーパーのイオンでは、行政手続の代行から墓石の解体までの「墓じまい」を税別198000円から請け負っています。

(3)移転先の納骨の費用について

納骨の形態によって様々です。
通常の墓地であれば数百万円かかりますし、散骨なら数万円で済むと思われます。

(4)永代供養の費用について

永代供養とは、お墓参りのできない人に代わって、代わりにお寺が責任を持って永代にわたって供養と管理をするお墓のことをいいます。
一般的には、合同墓などに入ることから、個人のお墓を立てなくて済みますので、だいたい30万円から50万円の費用になります。
なお、「小さなお葬式」ですと、55000円。
イオンですと、全国各地にある合同墓にもよりますが、だいたい3万円からあります。

3 注意点

(1)家族や親戚全員の承諾を得ましょう

勝手に決めてしまったり、親戚の誰かが聞いてなかったりすると、後々親戚と疎遠になってしまうなどトラブルの元となってしまいます。
墓じまいの理由や必要性をじっくり話し、理解してもらえるように務めましょう。

(2)まず罰が当たることはありません

お寺から離壇する際に、「成仏できませんよ」「罰が当たりますよ」などと嫌味を言われることもあるようです。
お寺としては、檀家からの定期的な収入が減ることは避けたいものです。
しかし、気にすることはありません。
きっとご先祖様も理解してくださります。
引越し先のお墓や仏壇へのお参りをしっかり行うことで、許してもらいましょう。

<参照サイト>

尊厳死宣言書や貢献契約書などの生前契約書(終活)「自分でやる法律手続き」

初めてでも簡単30分で出来る遺言書の正しい書き方「自分でやる法律手続き」

遺言で確実に遺言書の意思を伝える方法(公正証書遺言の書き方)「自分でやる法律手続き」

<葬儀後の相続>

素人でもできる相続登記の手順「自分で相続登記する方法」

 

ending.hatenablog.com

 

 

ending.hatenablog.com

 

 

ending.hatenablog.com

ending.hatenablog.com